全23冊!モルモットが登場する児童書・絵本を大調査

目次

モルモットが登場する児童図書・絵本

4月23日は、子ども読書の日だそうです。

そして、今日から5月12日までの約3週間は、こどもの読書週間とのこと。

しま

読書週間ってなつかしい!

私は、子どもの頃はよく読書をしていましたが、最近はあまりできていません。

みなさんはどうでしょうか。

久々に読書したいな~と思うのですが、恥ずかしながら活字に対する集中力が激落ちしてしまいました…。

さて今日は、子ども読書の日にちなんで、モルモットが登場する児童図書を調査してみました。

モルモットが登場する児童図書は、どんなものがあるのかご存じですか?

しま

私自身はあまり知らない名前の本ばかりでした。

調査方法

今回の調査方法は、次のとおりです。

  1. 子ども向けの絵本、または児童図書に絞ってさがす。
  2. 国際子ども図書館の「子どもOPAC」を利用する。
  3. 子どもOPACにて、「もるもっと」とキーワードを入力し検索する。
  4. 「子どもOPAC」に登録されていない本は取り扱わない。

OPACとは、図書館に所蔵されている本をリスト化し、検索できるシステムです。

実は、私は司書になりたかった時期があり、大学で図書館の勉強をしていました。

今回の調査では久しぶりにOPACを触って、とても楽しかったです!

モルモットが登場する!子ども向け絵本と物語

それでは調査結果をご紹介していきます!

今回の調査では、日本国内の図書館にある児童図書・絵本の中で、モルモットが登場するのは23冊だとわかりました。

モルモットのびっくり旅行

  • ポール・ガリコ 作
  • 鈴木武樹 訳
  • 桜井誠 絵
  • 偕成社 出版
  • 1969年 初版
  • 130ページ

この調査で見つけた児童図書のなかで、一番古く出版されたものでした。

現在は販売されていないので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

モルモットからきたてがみ

  • ポール・ガリコ 作
  • 鈴木武樹 訳
  • 桜井誠 絵
  • 偕成社 出版
  • 1969年 初版
  • 126ページ

こちらも、「モルモットのびっくり旅行」と同じ年に出版されたものです。

作者は同じくポール・ガリコです。現在は販売されていません。

オルガとあたらしい仲間

※日本語題「オルガとあたらしい仲間」の、見やすい書影が見つからなかったため、原題の書影です。

  • マイケル・ボンド 作
  • ハンス・ヘルウェッグ 画
  • 山崎淑子、牧田松子 訳
  • 冨山房 出版
  • 1976年 初版
  • 159ページ

オルガ・ダ・ポルガ物語というシリーズの1作目で、第13章まであります。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

※海外のサイトでは販売しているのを見つけました。

しま

ちなみに、ボンドは「くまのパディントン」でも知られていますね。

オルガとボリス

※日本語題「オルガとボリス」の、見やすい書影が見つからなかったため、原題の書影です。

  • マイケル・ボンド 作
  • ハンス・ヘルウェッグ 画
  • 山崎淑子、牧田松子 訳
  • 冨山房 出版
  • 1976年 初版
  • 168ページ

オルガ・ダ・ポルガ物語というシリーズの2作目で、第11章まであります。

作者は同じくマイケル・ボンドです。こちらも現在は販売されていないようです。

※海外のサイトでは販売しているのを見つけました。

まきばにおつかい

  • コビー・ホル さく
  • かわにしふさ やく
  • ほるぷ出版 出版
  • 1990年 初版

絵本です。いろんな動物と一緒に、モルモットも切り絵で登場します。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

カリ・コリ・モルチンのあいうえおキャンプ

  • 滝原愛治 さく・え
  • 偕成社 出版
  • 1996年 初版
  • 23ページ

幼児向けの、大型絵本です。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

カリ・コリ・モルチンの1・2・3サッカー

  • 瀧原愛治 さく・え
  • 偕成社 出版
  • 1998年 初版
  • 23ページ

幼児向けの、大型絵本です。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

みみがひらひら

  • ジェーン・カブレラ 作
  • くどうなおこ 訳
  • 小学館 出版
  • 2001年 初版
  • 12ページ

幼児向けの、絵本です。いろんな動物の耳と一緒に、モルモットの耳が登場します。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

だれも寝てはならぬ

  • ガース・ニクス、マーガレット・マーヒー、ほか 著
  • 安次嶺佳子、内藤文子、西本かおる、橋本恵 訳
  • ダイヤモンド社 出版
  • 2006年 初版
  • 242ページ

いろんなお話がある短編集です。この本の中で、「モルモット・レース」というお話に登場します。

作者はジョージア・ビングです。イメージは、世にも奇妙な物語みたいな感じだそうです。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

しま

本のタイトル見るとトゥーランドットを思い浮かべますよね。

モルモットの妖精ジョージア

  • デイジー・メドウズ 作
  • 田内志文 訳
  • ゴマブックス 出版
  • 2008年 初版
  • 88ページ

レインボーマジックというシリーズの31作目で、第6章まであります。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

スパイアニマルGフォース

  • ジェームズ・ポンティ 作
  • 橘高弓枝 訳
  • 偕成社 出版
  • 2010年 初版
  • 206ページ

ディズニーアニメ小説版というシリーズの82作目です。

FBIが開発したモルモットの特殊部隊が、世界滅亡に立ち向かうという面白いストーリーです!

しま

Gフォースは、児童図書の他にもDVDやBlu-rayが出ています。

タンポポたいへん! 

  • シャーロット・ミドルトン 作・絵
  • アーサー・ビナード 訳
  • 鈴木出版 出版
  • 2011年 初版
  • 25ページ

幼児向けの絵本です。少し文字数が多めですが、子どもでも簡単に読めます。

モルモットおうえんだん

  • ルーシー・ダニエルズ 作
  • 千葉茂樹 訳
  • サカイノビー 絵
  • ほるぷ版 出版
  • 2013年 初版
  • 131ページ

こちら動物のお医者さんというシリーズの8作目です。

現在は販売されていないようなので、読みたい場合は図書館で借りるか、中古本を探すことになります。

こわ~いオバケ5つのお話

  • 日本児童文学者協会 編
  • 文溪堂 出版
  • 2014年 初版
  • 146ページ

小学校中、高学年向けの本です。音楽を聴くモルモットが登場します。

都市伝説っぽい、怖いお話の短編集のようです。

すてもる

  • はやみず陽子 作
  • 鈴木びんこ 絵
  • 佼成出版社 出版
  • 2014年 初版
  • 95ページ

いのちいきいきシリーズというシリーズの18作目です。

小学校中、高学年向けの本です。

動物と話せる少女リリアーネスペシャル 3

  • タニヤ・シュテーブナー 著
  • 中村智子 訳
  • 学研教育出版/学研マーケティング 出版
  • 2015年 初版
  • 151ページ

動物と話せる少女リリアーネというシリーズのスペシャル版3作目です。

小学生に結構人気のシリーズみたいです。

動物病院のマリー 5

  • タチアナ・ゲスラー 著
  • 中村智子 訳
  • 学研教育出版/学研マーケティング 出版
  • 2015年 初版
  • 184ページ

動物病院のマリーというシリーズの5作目です。

小学生に結構人気のシリーズみたいです。小学校中、高学年向け。

動物たちからのプレゼント

  • 高橋うらら 作
  • 柚希きひろ 絵
  • 集英社 出版
  • 2016年 初版
  • 186ページ

集英社みらい文庫プレゼントというシリーズの作目です。

動物園が舞台のお話で、いろんな動物と一緒にモルモットが登場します。

モルモット・オルガの物語

  • マイケル・ボンド 作
  • おおつかのりこ 訳
  • いたやさとし 絵
  • PHP研究所 出版
  • 2017年 初版
  • 159ページ

オルガ・ダ・ポルガ物語というシリーズの1作目で、第13章まであります。

先に紹介した「オルガとあたらしい仲間」と原作が同じですが、訳と絵、出版が異なります。

オルガとボリスとなかまたち

  • マイケル・ボンド 作
  • おおつかのりこ 訳
  • いたやさとし 絵
  • PHP研究所 出版
  • 2017年 初版
  • 159ページ

オルガ・ダ・ポルガ物語というシリーズの2作目で、第11章まであります。

先に紹介した「オルガとボリス」と原作が同じですが、訳と絵、出版が異なります。

本当はこわい話 5

  • 小林丸々 作
  • ちゃもーい 絵
  • KADOKAWA 出版
  • 2020年 初版
  • 173ページ

この本は、この調査とはあまり関係がないのですが、検索結果に引っかかったため紹介します。

いくつかある話の中の一つに、モルモットが登場するようです。

マリエラ・ミステリー

  • ケイト・パンクハースト 作
  • 須賀紀子 訳
  • スギ 絵
  • 西東社 出版
  • 2020年 初版
  • 191ページ

世界各国に出版されている児童図書だそうです。

光るモルモットおばけが登場します。

モルモットのちゃもとけだまーず

  • なかやみわ さく
  • 金の星社 出版
  • 2021年 初版
  • 32ページ

大型な絵本です。絵がとても可愛くて、ほっこりします。

モルモットのちゃもと、ちゃもの抜け毛からできたけだまーずのお話。

しま

絵本ナビの人気ランキング上位「プラチナブック」に選ばれています。

今後の調査

今回調査をしてみて、モルモットがフューチャーされた児童図書・絵本がたくさんあるんだなと思いました。

ついでにいろいろ探した結果、子ども向けの飼育書など「知識」を扱っている本は、12冊ありました。

しま

こちらもいつかご紹介できればと思います!

大人向けの本もたくさんありましたが、きりがなさそうなので調査はしません(笑)

おすすめの本があったら教えてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる